渡會将士『MWtrio』新年のご挨拶~仙台編~

渡會将士『MWtrio』新年のご挨拶~仙台編~

2017.1.14(sat)

出演者:渡會将士『MWtrio』

入場料:前売:¥3,500 当日¥4,000 ドリンク代別
open 16:30 / start 17:00

チケット:
【メール予約】
「お名前(フリガナ)・電話番号・枚数」を添えて、メールにて下記アドレスまでお申込みください。
返信をもって詳細をお知らせいたします。
mwtrio0114@saikoro7.com

※未成年者はご入場頂けません。
※返信には数日かかる場合がございます。
※当日は、予約番号順でのご入場となります。整列は開場10 分前から行います。
開場後は、順次、ご案内させて頂きます。
○メールの受信拒否設定をされている場合、メールが届きません。設定の変更をお願いします。
○1週間経ってもメールが届かない場合、再度ご連絡ください。なお、携帯電話のアドレスに返信が届かないことがあります。PC など別のアドレスをお持ちの方はあわせてご明記ください。
○席数に限りがございます。定数を越えた場合、立ち見になりますので、予めご了承ください。
問い合わせ:SAIKORO info@saikoro7.com

MWtrio
渡會将士 + ベーシスト + ドラマー による3ピースの呼称。

渡會将士

クリスマスイブ、アコースティックライブ

2016.12.24(sat)

出演者:sugarboy 遠藤翔太

入場料:無料(但し予約者から優先入場)
第一部 open 15:30 / start 16:00
sugarboyライブ、遠藤翔太ライブ
第二部 open 17:30 / start 18:30
sugarboy&遠藤翔太ジョイントライブ
チケット:
【メール予約】
yoyaku1@sslounge.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@sslounge.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

sugarboy
岡山県出身、仙台在住の切な癒し系シンガーソングライター。
縁もゆかりもない土地で路上ライブのみでファンを獲得し、ワンマンライブを成功させるなど、その活動は地元宮城のメディアも注目している実力派アーティスト。
河北新報(2014/6/19)、「仙臺いろは」LiLiCoいいね賞受賞(2016/3/25)
甘くも切ない彼の歌声は一度聴いたらやみつきになること間違いなし。
sugarboy

遠藤翔太 | Shota Endo
小学校5年生の時からギターを始める。ロック・ブルース・ポップ等々あらゆるジャンルを弾きこなし、音楽をこよなく愛するシンガーソングライター。
活動拠点は仙台であるが、日比谷野外音楽堂や渋谷Eggmanなど活動の幅は広くライブ経験も豊富。
“えっ!?こんなの見たことない!!”と観る人を独特の世界観に誘い込む、弾き語りの枠を超えたパフォーマンスとブルージーなメロディが魅力。
遠藤翔太

「クリスマス・イブ/山下達郎」
Sugarboy&遠藤翔太

Sugarboy&遠藤翔太

クリスマスアコースティックライブ

クリスマスアコースティックライブ

2016.12.18(sun)

出演者:一期一会BB

入場料:無料(但し予約者から優先入場)
第一部 open 15:30 / start 16:00
第二部 open 17:30 / start 18:00

チケット:
【メール予約】
yoyaku1@sslounge.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@sslounge.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

一期一会BB | IchigoichieBB
おっとりしてるが情に厚い宮城県仙南地域、大河原町を拠点に活動を展開。
酒と音楽をこよなく愛する3人のおじさんが、音楽とお酒の楽しみを伝えるために(?)結成したバンド。
その日、給油したアルコールの質と量で曲目と演奏内容が決まる、ノーギャラでも美味しいお酒があればどこへでも出かける「癒し系」のバンドです。
レパートリーは、ジャズのスタンダード・ナンバーを中心に、ロック、ポップス、はたまたソウル、歌謡曲まで…
名曲なら何でもござれの幅広い(?)あるいは節操のない音楽性と、練習よりも本番の回数が多いという、まるでプロのような(?)本当は練習嫌いのものぐさメンバーの揃ったバンドです。
「テクニックよりもハート」「飯よりも酒」を金科玉条に、今日もどこかでほろ酔い気分で楽器を奏でています。

一期一会BB

一期一会BB-2

小宮山雄飛があの人と話す会 in 仙台 Vol.1

161207

東京•虎ノ門の「TORANOMON LOUNGE」にて隔月で開催されている『小宮山雄飛があの人と話す会』。
各界の著名人や仲の良いミュージシャン、更には直木賞作家などをゲストに迎える大人気トークショーが、姉妹店「SENDAI STATION LOUNGE」にて開催されます。

記念となる初回のゲストは、ホフディランとも親交が深く、共に渋谷系を代表するアーティストカジヒデキさん。
デビュー20周年の同期の2人がじっくり語り尽くします。
『小宮山雄飛があの人と話す会 in 仙台』。
ご期待ください!

小宮山雄飛があの人と話す会 in 仙台
ゲスト/カジヒデキ

2016.12.07(wed)

入場料:2000yen(1drink代込み)
open 19:00 / start 19:30

チケットはこちらから
イープラス 11.22(火) 10:00〜発売

【メール予約】
yoyaku1@sslounge.jp
お名前/枚数、公演日を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@sslounge.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

小宮山雄飛 | Yuhi Komiyama
ホフディランのボーカルにして渋谷区観光大使兼クリエイティブディレクター。ホフディランの超POPな新曲《愛しあって世界は回る》は現在なんと完全無料で配信中!今すぐPC・スマホで「hoff.jp」へアクセスしてダウンロードしてください!音楽以外でも、東京文化・グルメなどに精通し様々な方面で活躍。現在TVレギュラー2本/ラジオレギュラー1本/ポッドキャスト2本/雑誌連載5誌を抱える多忙の日々。

カジヒデキ | Hideki Kaji
1967年5月8日、千葉県出身。
1996年にソロデビュー。「ラ・ブーム ~だって MY BOOM IS ME~」など数々のヒット曲を放ち、90年代の渋谷系を牽引した。
またDJイベント「BLUE BOYS CLUB」主宰やTBSラジオ「オーディナリーミュージック」、bayfm「SPACE SHOWER MUSIC RADIO」渋谷のラジオ「渋谷のラジオの渋谷系」パーソナリティ、音楽フェス「PEANUT CAMP」キュレーションなど、音楽の紹介者としても幅広く活躍中。
ソロ活動20年を迎えた今年は、新作アルバム「THE BLUE BOY」リリース、ビルボードライブ東京公演など充実した活動を展開している。
hidekikaji.net

一足早いクリスマスアコースティックライブ!

アコースティックデュオ IZUMI&JINによる一足早いクリスマスアコースティックライブ!

一足早いクリスマスアコースティックライブ

アコースティックデュオ IZUMI&JIN

2016.11.27(日)

料金 無料
open 16:30 / start 17:00

チケットはこちらから

【メール予約】
yoyaku1@sslounge.jp
お名前、枚数、公演日、連絡先(電話番号)を明記の上記アドレスへご送信下さい。
受付終了しましたら、予約完了のメールを返信させていただきます。
携帯電話のメールアドレスから予約される場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「@sslounge.jp」を受信できるように指定してください。

※未成年者はご入場頂けません。
※入場順は当日の先着順となります。
※定員に達し次第、受付を終了させていただきます。

熊谷仁一郎(ギター)
宮城県在住
高輪プリンスをはじめ都内ホテルでのジャズ演奏、宝塚の伴奏(大地真央、黒木瞳等)、宝塚劇場や帝国劇場等でのミュージカルのバック演奏、アメリカンダンスマシーンの日本公演の演奏等を勤め、その後家業の事情により帰郷。長期のブランクを経て演奏活動を再開し、現在アコースティックデュオ「IZUMI&JIN」の他、ボサノバやジャズ等を中心にボーカルの伴奏や自己のグループのリーダーとしてホテルやイベントなど県内外で活躍中。
IZUMI (ボーカル)
宮城県在住
ポルトガル語を勉強中にボサノバのボーカリストを探していたJINに誘われボーカルデビュー。以後、アコースティックデュオ「IZUMI&JIN」、「熊谷仁一郎グループ」のボーカリストを主体に、ボサノバのみならずシャンソン、ジャズからポピュラーまで幅広いジャンルの歌で県内外のホテルやイベント、ディナーショーなどで活躍中。透明感あふれる高音から太い低音までを使いこなし、本場ブラジルの人にネイティブだと絶賛されるポルトガル語の発音、美しい声質には定評があり女性ファンも多い

 
12_large
 
27_large
 
170_large